当、子宮サロンは、「子宮ケアは将来の自分への贈り物」をコンセプトに作られた、女性のための温活トータルビューティーサロンです。

こんばんは

だいぶご無沙汰をしてしまいました。

さて、今夜は「認知症」の予防・改善に効果があると
以前テレビで取り上げられましたね。

その時は、いろんなお店でアロマが完売する程
関心を集めましたね!!

なぜ、「認知症」にアロマなのか?
アルツハイマー型認知症では、記憶が失われる事よりも先に、
脳の海馬に直結する嗅神経が先にダメージを受けます。

香と言うのは、わずか0.2秒で嗅神経に届くと言われております。

つまり、香を嗅ぐ事で、嗅神経を刺激して、記憶力を改善させる。と言う仕組みです。

それなら、効果的な香を嗅ぐ方が断然効率的ですね!!

そこで、鳥取大学の浦上教授のレシピ

昼アロマ/夜アロマ

昼は交感神経が刺激されて、記憶力が活発化するアロマをチョイス

ローズマリ
シソ科の植物で「若返りのハーブ」とも言われています。
血行を促進して、新陳代謝をたかめ、記憶力を高める効果があると言われています。

レモン
気持ちを高揚させ、気分をリフレッシュする作用があります。

夜は、副交感神経を優位にし、自律神経を整えリラックスするアロマをチョイス

ラベンダー
自律神経を整える働きがあり、リラックス、安眠効果が期待できます。

オレンジ
リフレッシュとリラックス効果があり、気分を前向きにしてくれます。安眠効果も期待できます。

認知症予防だけでなく、香を自宅に取り入れると、おしゃれ感覚だけでなく、
家族のケア、自分のケアにもなります

上手に香を活用してくださいね

?Gg[???ubN}[N??